INTERVIEW

職人図鑑 # 41 宮澤 信彦(40歳)

大学を卒業する長男を筆頭に子供が4人。塗装の仕事への情熱がさらに高まります。

Miyazawa Nobuhiko(age40)

Miyazawa Nobuhiko(age40)

宮澤信彦(40)株式会社建翔代表取締役。
千葉県我孫子市で生まれ育ち、地元を中心に事業を展開する、地域のリーダー的存在。新しい技術やセンスを磨き上げることへの情熱は格別で、海外への視察も多く、新技術や材料の発掘に余念がない。二級建築施工管理技士、建設塗装基幹技能者、一級建築塗装技能士、職業訓練指導員など保有資格多数。

Chapter 1

「この家で暮らす家族が、楽しく幸せに暮らせるといいな」そういうまごころを込めて、ペンキを塗る職人でありたい。

 17歳で職人の道へ入ってから、ずっと塗装一筋でやってきました。きっかけは、結婚して子供ができたからです。当時まだ若い自分でしたが、「よし、働くぞ!」 という、父親としての情熱がこみ上げてきたのを覚えています。

 そのセガレは、今22歳の大学4年生。きのうも現場にアルバイトで入っていましたよ。明日からも入る予定です。

 本来の本人の希望では、今年卒業で、来年から1年間、ワーキングホリデーという仕組みを使って、オーストラリアで働きながら人生の視野を拡げるという選択をしたかったようです。

しかし、新型コロナで海外へ渡航の先行きが見えない中、卒業してすぐ職人の道へ入ることになりました。本人の選択です。頑張って欲しいと思います。

 さらに下に21歳、15歳、13歳の子供がいます。大家族とまではいきませんが、妻もふくめて6人家族。皆仲が良く、にぎやかで楽しい生活をしています。

 戸建の現場などでは、「この家で暮らす家族の皆さんが、楽しく幸せに暮らせるといいな」と、そこに暮らす人たちへの責任感が高まっていくのは、自分もまた家族を大切にしているからかもしれません。

Chapter 1 「この家で暮らす家族が、楽しく幸せに暮らせるといいな」 そういうまごころを込めて、ペンキを塗る職人でありたい。 Chapter 1 「この家で暮らす家族が、楽しく幸せに暮らせるといいな」 そういうまごころを込めて、ペンキを塗る職人でありたい。

Chapter 2

現代のペンキ屋さんには、コミュニケーションの重要さが求められる。それを念頭に、ホームページなども展開しています。

 “建翔”を設立して、今年で5年目になります。あっという間ですね。大切にしているのは、お客さんの満足度です。

 僕らの仕事は、一言でいえば“ペンキ屋さん”です。しかし、“ただのペンキ屋さん”で終わってしまったら、本当のところ、この仕事は成り立たないと考えています。

 新しい技術や素材への興味は、自然と湧き上がってきます。研鑽をつづける気持ちも、仕事へのモチベーションも大切です。

そしてなにより―― “コミュニケーションの能力”が大きく問われるのが、今のペンキ屋さんだと思います。最高の仕上がりをお客さまにお渡ししても、「ああ、この人達に塗ってもらってよかった!」と、感動してもらえるかどうかの最後のワンプッシュは、コミュニケーションによる部分が大きい。むろん、保障は十分以上に付けます。

 仕事。コミュニケーション。アフターサービス。保障。そうした一つ一つを大切にすることが信用となって、口コミとして広がり、自然と仕事を広げると感じています。

Chapter 2 現代のペンキ屋さんには、コミュニケーションの重要さが求められる。それを念頭に、ホームページなども展開しています。 Chapter 2 現代のペンキ屋さんには、コミュニケーションの重要さが求められる。それを念頭に、ホームページなども展開しています。
現場での施主さまと宮澤さん。絶対の信頼と強い信頼関係で結ばれていることが、表情からも伝わってくる。

Chapter 3

海外で習得した知識を、日本へフィードバックする。きっと将来の塗装職人は、世界の現場を飛び回っているにちがいない。

 設立以来5年、ずっと会社が成長できているのは、「一番になりたい!」という17歳の時に抱いた気持ちを、今も持ち続けていられるからだと感じています。

 今は新型コロナで行けませんが、自分もしばしば海外へ行って、塗装の現場を視察しています。ヨーロッパの塗りの雰囲気は独特ですね。まず、日本にない塗料を使っていたりする。国はちがっても、お互い塗装のプロですからね。仕事を見れば、塗料も技量もすぐにわかます。

 たとえばドイツなどは、良い仕事をする職人が多いなあと感じますね。大理石で浴槽を作っていると思ったら、それが塗装だったり。エイジング塗装は、古い町並み大切にする文化が影響しているのか、かなり進んでいます。

 まだ日本へ入って来ていない塗料もたくさんあって、勉強になりますね。そうして帰国してから、あの塗料メーカーの日本での代理店はないかな――と調べます。先週も名古屋へ研修に行ったばかりです。

 会話は通訳を通してです。でも、セガレ達の時代になったら、通訳なしで、塗装の職人たちが世界を駆け巡る――。

そんな光景が見られるんじゃないでしょうか。そのためにセガレは、大学では国際教養学部へ通い、カナダへも留学させていました。

 センスと技術で、世界を股にかけて仕事場にできる。それが、塗装職人の未来のヴィジョンだと自分は考えています。
 もちろん、アジアの各地へ行っています。うちにもベトナムからの研修生がいるんですね。国がちがうと現場のルールも違ってくる。それを生で見てくるのも大きい。

 ヨーロッパと比べると、ベトナムなどのアジアの塗装は、残念ながら少し遅れている部分があります。社会の背景がちがうので、いちがいにどっちが上だとは言えないのですが、うちで研修して働いてくれた若い人たちは、高いレベルの技術や志を祖国へ持って帰ってくれると嬉しいなあと、強く思います。

 行く先々の海外の国で、現場を視察してホームセンターを見てまわります。飽きることがありません。日本でも、新しい塗料を使った勉強会などを開いたりしています。
子供達世代へ、胸を張って夢を語れる仕事――それが塗装の仕事だと自分は思います。

※仕事現場では常にマスクを着用していますが、写真のためにマスクを外して、適切なソーシャル・ディスタンスを取って、撮影しています
Chapter 3 海外で習得した知識を、日本へフィードバックする。きっと将来の塗装職人は、世界の現場を飛び回っているにちがいない。 Chapter 3 海外で習得した知識を、日本へフィードバックする。きっと将来の塗装職人は、世界の現場を飛び回っているにちがいない。
Chapter 3 塗装における現代の価値とは何か、創造とは何か。考え続ける青い空が、未来へとつづく。

掲載日:2020/10/6

あわせて読みたい

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #12 白井 悟

    INTERVIEW

    職人図鑑 #12 白井 悟

    将来に向けて、いま挑戦しているところです

  • 職人図鑑 #13 金丸 孝治

    INTERVIEW

    職人図鑑 #13 金丸 孝治

    「塗装家」としての仕事をしていきたい

  • 職人図鑑 #14 竹村 満弘

    INTERVIEW

    職人図鑑 #14 竹村 満弘

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #15 平井 勇

    INTERVIEW

    職人図鑑 #15 平井 勇

    若い職人たちをきちんと育てていきたい

  • 職人図鑑 #16 元木陽史

    INTERVIEW

    職人図鑑 #16 元木陽史

    教えることで仕事の本質が見えてくることもある

  • 職人図鑑 #17 大塚裕貴

    INTERVIEW

    職人図鑑 #17 大塚裕貴

    新たな夢にわくわくしているところです

  • 職人図鑑 #18 櫻井英樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #18 櫻井英樹

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #19 福本貴之

    INTERVIEW

    職人図鑑 #19 福本貴之

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #20 徳竹秀介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #20 徳竹秀介

    塗装職人の技術を後世へ伝えていきたい

  • 職人図鑑 #21 小田垣雅也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #21 小田垣雅也

    塗装の仕事が自分の趣味、生活そのものになっています

  • 職人図鑑 #22 秋山俊介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #22 秋山俊介

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #23 金子祐太

    INTERVIEW

    職人図鑑 #23 金子祐太

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

  • 職人図鑑 #24 佐藤優気

    INTERVIEW

    職人図鑑 #24 佐藤優気

    親父の働く背中を見てきて……将来の夢は独立です

  • 職人図鑑 #25 佐藤義保

    INTERVIEW

    職人図鑑 #25 佐藤義保

    いまの会社に移って、次のリングに立てた気がする

  • 職人図鑑 #26 石塚舞樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #26 石塚舞樹

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

BACK TO TOP