INTERVIEW

職人図鑑#09 山越敏司(75歳)

ペンキ屋稼業60年。 いまも働けるのは幸せだと思う

YAMAKOSHI TOSHIJI (age75)

YAMAKOSHI TOSHIJI (age75)

山越塗装創業者 1943年12月18日、埼玉県秩父市生まれ。中学卒業の1958年4月、世田谷区深沢の塗装店に就職。1965年に退社して、熱海の森塗装へ転職。1970年に同社を退社、同年夏3月に山越塗装を創業。その後、1990年4月に有限会社山越塗装を設立

Chapter 1

今年、ペンキ屋になってちょうど60年

Chapter 1 今年、ペンキ屋になってちょうど60年

 秩父で生まれ育ったんだけれど、叔父さんが東京でペンキ屋をやっていたので、中学時代から夏休みにはアルバイトで働いていたんだ。なので、中学卒業後、自然の流れで叔父に知り合いを紹介されて、東京のペンキ屋に就職した。ただ、就職といっても、自分らの頃は5年間くらいは丁稚奉公というか、小僧扱いだったから、当時は給料なんてのはなくて、盆暮れの休みの前に小遣い銭をくれる程度だった。

 賄い付きの住み込みだったけれど、給仕は俺ら小僧がやらなければならなかったし、先輩の分の洗濯もやらされていた。相撲部屋みたいなもんだったね。ただ、当時は東京でもペンキ屋は少なくて、工務店はみんな頼んでくるから、ものすごく忙しかった。当時、店は儲かっていたんだろうけれど、俺らには関係なかったんだけどね。

 世田谷のペンキ屋は5年間働いて、1年間、お礼奉公。それから、熱海市桃山町のペンキ屋の職人として雇われて、働いていたんだ。当時、きちんと丁稚奉公、お礼奉公をすれば、この世界で認められて、どこでも働けたんだ。"

Chapter 2

昔は流しのペンキ屋がよくいたんだ

Chapter 2 昔は流しのペンキ屋がよくいたんだ
 「♪包丁一本 さらしに巻いて」という流しの料理人みたいに、ペンキ職人も刷毛とか塗装用具を持っていけば、日本全国で仕事ができていたんだ。実際、旅修業にでるペンキ職人も多かったからね。熱海は楽しかった。温泉もあるし、その時分は芸者さんとかもたくさんいたからね。箱根や伊東、三島での仕事もあったから、遊ぶのにも飽きなかった。それに、その頃はいまに比べて、ペンキ屋はすごく稼げた。本当に、いい時代だったね。

 その後、叔父さんから横浜の地下鉄工事の仕事を手伝ってくれと言われてね。工事が終わって、横浜に落ち着いて、自分で商売をやっていこうと、山越塗装を始めたんだ。それからしばらくは、地下鉄工事の関係もあったから、大きなビルの外装塗装とか手広くやっていたんだけれど、再開発が一段落着いてからは、結構、仕事があったから戸建てとか〝町場〟に入っていくことにしたんだ。"
Chapter 2 昔は流しのペンキ屋がよくいたんだ

Chapter 3

いまも足場は自分たちで組んでいる

Chapter 3 いまも足場は自分たちで組んでいる
 昔は足場も自分たちで組むのが当たり前。いまも、うちでは自前で足場の鉄パイプやクランク、組み立て道具を持っていて、みんな足場組み立ての資格も取って、自分たちで組み立ててるからね。そのほうが自分たちが仕事をやりやすい足場を組める。業者に頼むと、よっぽど注文を出さないと、決まった高さ、仕様で組み立てられるから、その現場でいちばん仕事がしやすい足場にならないんだ。だから、自分たちで組み立てたほうが、結局、仕事の効率もあがる。それに、昔は丸太でやっていたんだから、ずいぶんラクになったね。 

 養生用具にしても、いまはできあいでいろいろあるけれど、昔は新聞紙を使っていたし、マスカー(テープ付きの養生シート)を自作していたんだ。だから、いまもマスカーをつくる機械は事務所に残っているよ。
Chapter 3 いまも足場は自分たちで組んでいる
Chapter 4 死ぬまで毎日、仕事をして、酒を飲みたい

Chapter 4

死ぬまで毎日、仕事をして、酒を飲みたい

 3年前、県の塗装工事業許可の書き換えがあったから、いい機会だと思って、長男の達也に会社を譲ったんだ。会長とかそういう面倒なことはなくて、一介の職人として、毎日、いまも現場に出ているよ。毎日、働いて、酒を飲むことが習い性になっているから、やめられない。仕事ができなくなったり、酒が飲めなくなったら、生きてる甲斐がないからね。職人は定年がないから、本当によかったと思っている。

 去年から孫の弘尭もいっしょに働くようになったんだけれど、言いやすいから、しょっちゅう、あれこれ言っている。全然、素直に聞いちゃいないし、うるせえジジイだと思ってるかもしれないけれど、仕事ぶりを見ていると言いたくなっちゃう。俺の目の黒いうちに、何とかペンキ職人として一人前になってほしいんだけれどね。

Chapter 4 死ぬまで毎日、仕事をして、酒を飲みたい
Chapter 4 死ぬまで毎日、仕事をして、酒を飲みたい

あわせて読みたい

  • 職人プロファイル #01 前編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 前編

    「まずは、お客に好かれろ! -戸建住宅の現場-」

  • 職人プロファイル #01 後編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 後編

    「自分に合ったテープを1つみつけろ! -戸建住宅の現場-」

  • カモ井のヒミツ その1

    INTERVIEW

    カモ井のヒミツ その1

    「ホントにやってます、職人×カモ井会議」

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

BACK TO TOP