INTERVIEW

職人図鑑#08 南川学(39歳)

お客さんが喜んでくれる顔に 仕事の手応えを感じます

MINAMIKAWA MANABU  (age39)

MINAMIKAWA MANABU (age39)

斉藤興産勤務 1979年3月6日、東京都生まれ。高校卒業後、建築関係の専門学校に進学するも1年で中退。その後、さまざまなアルバイトをした後、23歳で本格的に塗装業界に入る。最初は主に吹付け塗装を専門にしていたが、2008年4月に斉藤興産に転職、さらなる塗装スキルを磨いている

Chapter 1

かたちの残るものづくりの仕事がしたかった

Chapter 1 かたちの残るものづくりの仕事がしたかった

 親父は鉄骨工場を経営していたんです。それで、子供の頃から溶接の手伝いをしたりしていて、おもしろい仕事だったので、後を継ごうと思って、建築関係の専門学校に進みました。だけど、建築用語とか図面とかを引いてて、いつか実技とかも教わるのかなあと思っていたら、結果、学科を間違えていたみたいで……。製図とかも楽しかったんですが、自分がやりたいのはものづくりでしたからね。結局、2年になる前に辞めちゃいました。

 工場のほうは、親父が腰を痛めて、閉めたんです。「お前、継ぐか?」って聞かれたんですけど、やっぱり、免許も経験もないし、経営なんてまるでわからなかったから、無理ですよね。体力的にも長く続けられる仕事じゃないと思いました。

 それからはいろんなバイトをした結果、塗装の仕事を始めたんです。

Chapter 2

最初の6年、ガン屋だったんですが……

Chapter 2 最初の6年、ガン屋だったんですが……
 最初6年、吹付け塗装のガン屋をしていたんです。吹付け塗装ではスプレーガン(建築用吹付ガン器)を使うので、「ガン屋」と呼ばれるんですけれど、ペンキを塗る仕事もやりたかった。でも、その店では、ペンキ仕事はやらなかったんです。

 ガン屋の仕事には、スプレーガンを扱う吹き手がいて、ネタ(ペンキ)をくばったり、養生をする人がいる。自分は吹き手になりたかったんですが、いろんな技術、経験が必要になるんです。それを6年で一通り覚えたので、次はペンキを塗る仕事も覚えようと思った。吹き付けも体力的に年をくってからは、なかなかきびしいんです。でも、刷毛やローラーなら身体が動く限り、仕事を続けられますからね。とりあえず、覚えておきたかったんです。それで、いまの会社に移りました。
Chapter 2 最初の6年、ガン屋だったんですが……

Chapter 3

吹き付けの養生との違いに戸惑いました

Chapter 3 吹き付けの養生との違いに戸惑いました
 最初に戸惑ったのは、養生でしたね。吹き付けではどこにネタが飛び散るかわからないから、外壁塗装は植木から何から、厳重に養生をする。そこまでやる必要はないんだって言われました。確かに、刷毛やローラーで塗っているぶんには、スプレーガンほど、塗料は飛び散りません。ずいぶん、資材や時間をムダにしていました。

 いまの会社に移ったのは2008年4月ですから、もう10年以上になります。いままでのどの店よりも長く、お世話になっています。毎日、いろいろなことが勉強になり、いい出会いや経験をさせてくれる会社です。社長もとてもいい人なので、居心地がとてもいい。給料がもう少し上がれば、一生、お世話になっていきたいと思っています(笑)。
Chapter 3 吹き付けの養生との違いに戸惑いました
Chapter 4 将来については考えているところです

Chapter 4

将来については考えているところです

 塗装の仕事は土木建築仕事のなかでも、最後の仕上げですよね。ですから、仕上がったところをお客さんが観てくれることになります。仕上げているところを、保育園だったら園児たちが「きれいになったね」と言ってくれるし、戸建てでも仕上げているところにお客さんが顔を出して、喜んでくれる顔を見ることができる。

 ガン屋でもそういうところもあったんですが、以前は新築の仕事が多かったので、そこに実際に住む人の声を聞く機会があまりなかったんです。いまの仕事のほうが仕事の達成感というか、わかりやすい喜び、手応えがあります。それに、うちの会社は斉藤塗装ではなく、斉藤興産ですから、シーリングや防水なども手がけていて、いろんな仕事を覚えられるところもいいところでしょうね。

 将来をどうするか、たとえば親方になるとか、独立するとか、また違う店で勉強するとか、いろんな選択肢がありますが、ちょっと考えているところです。とにかく、いまはもっと、いろいろな経験を積んで、しっかりと腕を上げていきたい。長く、この仕事をしていきたいんです。

Chapter 4 将来について、悩んでいるところです
Chapter 4 将来について、悩んでいるところです

あわせて読みたい

  • 職人プロファイル #01 前編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 前編

    「まずは、お客に好かれろ! -戸建住宅の現場-」

  • 職人プロファイル #01 後編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 後編

    「自分に合ったテープを1つみつけろ! -戸建住宅の現場-」

  • カモ井のヒミツ その1

    INTERVIEW

    カモ井のヒミツ その1

    「ホントにやってます、職人×カモ井会議」

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

BACK TO TOP