INTERVIEW

職人図鑑#07 細包大輔(31歳)

塗装の仕事を ずっと続けていきたい

Hosokane DAISUKE(age31)

Hosokane DAISUKE(age31)

斉藤興産勤務 1987年7月29年、東京都江戸川区生まれ。高校中退後、土木や型枠などの仕事を経て、21歳で塗装業界に入る。その後、2社を経て、2014年秋から斉藤興産で働いている。妻と3歳の息子と暮らす

Chapter 1

気がついたら、この仕事を始めて10年経っていました

Chapter 1 気がついたら、この仕事を始めて10年経っていました

 気がついたら、塗装の仕事を始めて、もう10年になります。塗装の仕事を始めたのは、地元の友だち。中学から知り合いでいっしょにやらないかと誘われたんです。最初の会社は吹き付け屋だったので、養生がたいへんでした。スプレーガンから噴き出されるペンキは飛び散りが多いから、広い範囲でしっかりと養生しないと、たいへんなことになります。

 吹き付けは技術が必要でしたから、養生ばかりやっていました。ただ、それまで、土木や型枠の仕事をやっていたんですが、自分のやった仕事が目でわかる。仕事に誘ってくれた友だちもこの仕事は楽しいと言っていましたが、そのとおりだと思いました。

 最初の会社には4年くらいいたんですが、吹き付けの仕事もちょっとだけやらしてもらっていました。それなりにやり甲斐を感じていましたが、20代も半ばになって、保険や福利厚生などがきちんとした会社で働いていたほうがいいのかなあと思ったんです。

 それで、次の会社へ移って、いまの会社へは2014年秋に入社させていただきました。みんな仲がいいですし、仕事も切れることなくあるので、満足しています。いろんな現場を抱えていますし、防水工事もあったりするので、雨が降っても、それなりの仕事があるんです。社長は何でも知っていて、いろいろ教えてくれますし、1級権利管理施工技士というすごい資格も持っています。自分も何らかの資格を持ちたいんですが、挑戦してみようというモチベーションになっているところもあります。

Chapter 2

この仕事の魅力は景色が変わっていくところ

Chapter 2 この仕事の魅力は景色が変わっていくところ
 この仕事のいちばん気に入っているところは……やっぱり、現場がきれいになっていくところですよね。週の初めと終わり、一日の始まりと終わりで、まったく景色が変わる。自分もそれに携わっていると思うと、手応えみたいなものを感じます。吹き付けよりも、刷毛やローラーで塗ったほうが、自分の手でやった感じがするので、よけいですね。自分の部屋はあまりきれいにできないんですが、仕事では違ったのは不思議なところです。
この仕事のいちばん気に入っているところは……やっぱり、現場がきれいになっていくところですよね。週の初めと終わり、一日の始まりと終わりで、まったく景色が変わる。自分もそれに携わっていると思うと、手応えみたいなものを感じます。吹き付けよりも、刷毛やローラーで塗ったほうが、自分の手でやった感じがするので、よけいですね。自分の部屋はあまりきれいにできないんですが、仕事では違ったのは不思議なところです。

Chapter 3

現場の大きい、小さいは関係ありません

Chapter 3 現場の大きい、小さいは関係ありません
 日本武道館の外装の塗り替えをやったことがあるんです。大きな仕事でしたし、自分自身はライブとかを観に行かないので、それまで行ったことがなかったんですが、海外、国内を問わず、有名なアーティストがライブをやるところですから、いい経験になりました。それに、昼間は仕事をできないので、夜勤でお金もよかったんですよ。また、芸能人を何人も見ることができたので、記憶に残っているんです。

 いまの会社でも大学や図書館、都営アパートなど、大きな現場があるんですが、自分にとって、現場の大きい小さいはあまり関係はありませんね。どちらがいいとか悪いとか、ありません。今日は保育園の外装塗り替えなので、がっちりした枠組み足場ですが、普段は戸建ての新築、リフォームの現場が多いので、戸建てではビケ足場(楔緊結式足場)が多いんです。仕事の手順や塗る範囲も違いますけれど、ただ、自分のやった現場をたまたま通りかかると、気になりますから、どうなっているのか見るようにしています。
Chapter 3 現場の大きい、小さいは関係ありません
Chapter 4 養生のおもしろさと意味

Chapter 4

養生のおもしろさと意味

 最初は塗装の仕事をするということで、吹き付けや刷毛やローラーで塗っていくことが楽しいだろうと思っていたんです。でも、だんだん、養生のおもしろさがわかってきたというか、仕事としてのおもしろさ、意味がわかってきたんです。ちゃんとやれば、よりよい塗装ができますし、掃除などの後片付けもラクになる。

 もちろん、塗ることは大切な仕事ですけれど、塗装という仕事をやっていくうえで、すごく養生も大切ですからね。地味な作業なんですけれど、意味がわかってきて、楽しくなってきました。ちょっと話しましたが、最初の吹き付けの仕事では養生がすごく大切ですからね。身に沁みてそれがわかったので、いい経験になったと思っています。

 この仕事を始めるまでは、きちんとしていなかったんです。高校は遠いということもあって、だんだん通わなくなって、結局、中退。土木や型枠の仕事も長続きしませんでしたからね。でも、いまは塗装という仕事をずっと続けていようと考えています。

Chapter 4 養生のおもしろさと意味
まっててね!現場に子供たちの笑い声が響く

あわせて読みたい

  • 職人プロファイル #01 前編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 前編

    「まずは、お客に好かれろ! -戸建住宅の現場-」

  • 職人プロファイル #01 後編

    INTERVIEW

    職人プロファイル #01 後編

    「自分に合ったテープを1つみつけろ! -戸建住宅の現場-」

  • カモ井のヒミツ その1

    INTERVIEW

    カモ井のヒミツ その1

    「ホントにやってます、職人×カモ井会議」

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

BACK TO TOP