INTERVIEW

職人図鑑 #27 山岡 愛(44歳)

彼に誘われて24年。いまでは一人前の女性塗装職人です

Yamaoka Ai(age44)

Yamaoka Ai(age44)

大石産業株式会社勤務 1975年8月17日、神奈川県生まれ。19歳で大石産業㈱の現場を手伝い、そのまま塗装の道へ入る。職人歴25年。アルコールは何でもOK

Chapter 1

この仕事に就いたきっかけは……当時の彼が塗装職人だったからです

 山岡愛。職人歴25年、44歳。ずっとこの大石産業㈱で働いています。職人になったきっかけは、後に結婚することになる当時の彼が、塗装職人だったから。当時私は19歳、彼は21歳。それまでは、私は飲食の仕事をしていました。

 現場はいつも忙しそうで、人手が足りなさそうでした。それである日彼から――「仕事を手伝ってよ」と誘われたんですよね。驚きました。それまで私は、現場で働いたことなんかないし、ペンキを塗ったこともないし、できるとも思わなかったですから。でも、若いってすごいですね。「忙しくて大変なんだろうから、3日か4日…あるいは1週間くらいなら手伝ってみようかな」と、彼に連れられるまま現会長に挨拶をして、お手伝いをしてみよう、と現場のみんなさんの中に入っていきました。

 初めて入った塗装屋さんの現場はもう、衝撃の世界!みんなすごく年上で、しかも職人ですからみんなイケイケです。からかわれたり、冗談も怖い感じがして。19歳の私は縮こまっていました。しかも当時は、いまとちがって女性の塗装職人なんて、どこの現場にもいない時代でした。いまから考えると、先輩達は気を遣ってくれたんでしょうね。

 塗装現場の内側へ初めて入ると、職人達がすごく格好良く光って見えました。養生にしろ、刷毛にしろ、ローラーにしろ、ケレンにしろ、働いている職人達の動きは寸分の無駄もない。素人とは全くちがう。「す、すごい!」と圧倒されました。

Chapter 1 この仕事に就いたきっかけは……当時の彼氏が塗装職人だったからです Chapter 2 この仕事に就いたきっかけは……当時の彼氏が塗装職人だったからです

Chapter 2

ほんの3日間のお手伝いのはずが、なぜか24年に……

Chapter 2 ほんの3 日のお手伝い のはずが、なぜか24 年に……

 ほんの3日間のお手伝い――という軽い気持ちで、初日にやったのはケレン作業。清掃。ペーパーあて。それから養生のお手伝いなど・・・。言われるまま必死でやっているうちに、あっという間に一日が過ぎたのを覚えています。

 なぜか楽しかったんですよね。それで3日間のつもりが4日間になり、翌日も、さらに翌日も……と1週間が過ぎて。じゃあ、この現場が終わるまでやってみよう。終わると次の現場も出てみようかな、と。それで結局、24年後のいまも現場にいます。まさかずーっとやることになるとは、まったく想像していませんでした。

 作業着は、最初から自分の物を買って揃えました。するとやっぱりそこは、若い女の子じゃないですか。ピンクとか薄紫のような派手で明るい色が着たくなる。それで――ある時、現会長についに怒られちゃったんですよね。寒い冬で、紫色のテカテカのジャンパーを着て現場へ入ったら、「なんだ、そりゃ。おめえ!みっともねえなあ」と。現場に響き渡る大きな声で。恥ずかしかったですよ。みんなが一斉に私をジロリとみるんですから

 それを機会に反省して、現場での衣装は白、黒、シルバーなどのシンプルな色使いを心がけています。いまは職長として一人で現場に入ることもある。なかには、女性の職人だということで心配をされる元請けの現場監督や施主さんもいらっしゃいます。本当は男性も女性も関係ないのだけど、そういう気持ちへの配慮も必要ですよね。

Chapter 3

職人同士の出会いと別れ。いまも同じ現場で働いています

 彼と結婚したのは24歳。結婚は10年間続きました。彼の方が2歳年上で、職人としては先輩なんですが、だんだん私は私で、自分の仕事のやり方・進め方というのができてきます。掃除の仕方一つ、養生の仕方一つ。一つ一つは小さなことなんですが、それが溜まってくると現場で言い合いになったりする。

 やり方の違いは、職人なら誰にでもあります。夫婦でも夫婦じゃなくてもある。いまでも彼は、同じこの大石産業㈱で働いてますよ。同じ現場に行くこともあります。尊敬している部分もあるし、お互いサッパリしているんでそこは気になりません。

 持っている資格は“一級塗装技能士”“有機溶剤作業主任者”“職長・安全衛生責任者”の三つです。資格を取るのは目的ではないですが、元請け業者や施主さんに安心してもらうためにも、とくに女性の職人は色々な資格を取得した方がいいと思っています。

Chapter 3 職人同士の結婚→離婚。 いまも同じ現場で働いています Chapter 3 職人同士の結婚→離婚。 いまも同じ現場で働いています

Chapter 4

塗装職人は、男女の差なく働ける職場なんです

 いまでは女性の塗装職人も珍しくない。でも、やっぱり女性ならではの大変さというのはあります。真夏の暑い日に汗をかいて、男性ならその場でパッと脱いで着替ができるけど、女性にはできない。毎日のことなので意外と苦労します。仮設のトイレもそうですね。まわりに男性の人達がいると恥ずかしい…とか。

 飲み会には喜んで出ますよ。そこは職人同士、男女の差はなく楽しく話して飲みます。焼酎、ビール、日本酒。お酒は好きです。毎日の晩酌はビール一本と焼酎2~3杯。

 塗装の仕事についてよかったなと思うのは、今では男女の性別関係なく働ける職場といういこと。腕力がなくても一人前になれる。センスと技術で認められる。60歳を過ぎても70歳を過ぎても働ける。うちの会社に以前、戦争時代からペンキを塗っていた職人がいました。ものすごく仕事ができるんです。ものすごく速い。見ていると、例えば――刷毛について余分なネタを落とすのに、トンッ・トンッと一・二回叩いてもう塗りに入っている。刷毛のペンキの量を調整するのに、トン・トン・トン・トン・トンと5回も6回も叩いてから塗るのとでは、その繰り返しが一日中ですから、大差になって表れるんですよね。

 さすが戦時中からの職人は凄いと言葉が出なかった。いつ空襲警報が鳴るかもわからない緊張感の中で身に着けた腕というのは、私たちが想像がつかないものがあります。そういう技術を、私も身に着けたいです。

Chapter 4 ペンキ屋は、男女の差なく 働ける職場なんです
Chapter 4 3日間のお手伝いのつもりが、気づくと女性職人の パイオニア。日焼け止めは欠かせません

掲載日:2019/08/30

あわせて読みたい

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #12 白井 悟

    INTERVIEW

    職人図鑑 #12 白井 悟

    将来に向けて、いま挑戦しているところです

  • 職人図鑑 #13 金丸 孝治

    INTERVIEW

    職人図鑑 #13 金丸 孝治

    「塗装家」としての仕事をしていきたい

  • 職人図鑑 #14 竹村 満弘

    INTERVIEW

    職人図鑑 #14 竹村 満弘

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #15 平井 勇

    INTERVIEW

    職人図鑑 #15 平井 勇

    若い職人たちをきちんと育てていきたい

  • 職人図鑑 #16 元木陽史

    INTERVIEW

    職人図鑑 #16 元木陽史

    教えることで仕事の本質が見えてくることもある

  • 職人図鑑 #17 大塚裕貴

    INTERVIEW

    職人図鑑 #17 大塚裕貴

    新たな夢にわくわくしているところです

  • 職人図鑑 #18 櫻井英樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #18 櫻井英樹

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #19 福本貴之

    INTERVIEW

    職人図鑑 #19 福本貴之

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #20 徳竹秀介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #20 徳竹秀介

    塗装職人の技術を後世へ伝えていきたい

  • 職人図鑑 #21 小田垣雅也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #21 小田垣雅也

    塗装の仕事が自分の趣味、生活そのものになっています

  • 職人図鑑 #22 秋山俊介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #22 秋山俊介

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #23 金子祐太

    INTERVIEW

    職人図鑑 #23 金子祐太

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

  • 職人図鑑 #24 佐藤優気

    INTERVIEW

    職人図鑑 #24 佐藤優気

    親父の働く背中を見てきて……将来の夢は独立です

  • 職人図鑑 #25 佐藤義保

    INTERVIEW

    職人図鑑 #25 佐藤義保

    いまの会社に移って、次のリングに立てた気がする

  • 職人図鑑 #26 石塚舞樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #26 石塚舞樹

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

BACK TO TOP